2011年5月アーカイブ

JAFのジュニア会員と法人会員

JAFの会員には、満16歳、満17歳の方も入会できます。満16歳、満17歳の方は、ジュニア会員として入会することになります。ジュニア会員の場合、入会金は無料で、年会費は2年間で3,000円。入金方法は、コンビニエンスストアもしくは金融機関か郵便局からの入金となります。会員証の有効期限内もしくは有効期限終了後4ヵ月以内に手続きすれば、入会金無料で個人会員として入会し直すことができます。

JAFの法人会員の場合、入会金は2,000円、法人を対象とする法人特定会費も2,000円、車両1台ごとの年会費である車両特定会費も2,000円です。1台目の登録時にこれら3点の費用が発生します。2台目以降は車両特定会費2,000円だけになります。申込台数に制限はなく、何台でも登録することができます。登録車両1台ずつに会員証が発行されます。

法人会員の場合、入会手続きでは使用する車両の登録番号または車両番号が必要です。会員証に記載されている車両番号の車両に限り、ロードサービスを利用することができます。登録車両であれば、ドライバーが誰であってもJAF会員としてロードサービスを利用できます。車両番号が変更になったときはすみやかにJAFに連絡して変更手続きを取ることが重要です。

JAFの個人会員になるには


JAFの会員には、4つの種類があります。個人会員、ジュニア会員、家族会員、法人会員です。

個人会員とは、JAFに個人名義で入会する会員です。1名につき1枚の会員証が発行され、本人のみが使用することができます。入会金は2,000円で、年会費は4,000円です。

新規で個人会員に入会する場合は、入会金割引制度があります。入会時に2年分または3年分、5年分の年会費を一括で支払った場合、もしくは入会と同時に自動振替を申し込んだ場合、もしくは身体障害者手帳をお持ちの場合です。

入金方法は、クレジットカード、コンビニエンスストアから、金融機関・郵便局から、JAFカード、取り扱い窓口にて、携帯電話からなどが選べます。

個人会員と同居もしくは生計を一緒にしている家族は、家族会員になることができます。同居はしていないけれど生計を一緒にしている単身赴任者や学生の方でも家族会員になれます。

1名の個人会員につき5名までが、家族会員として登録できます。申込者それぞれの名前での会員証をそれぞれ発行してもらえ、会員証は会員本人に限り利用できます。利用できるサービスは、個人会員に準じた内容です。家族会員の場合、入会金は無料で、年会費は1名につき2,000円となります。

個人会員と家族会員は、同時に入会することもできます。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。